ライドシェアリング中の自動車保険について来月から法改正

Uberによる7月1日からの保険適用範囲と保険内容の解説Uberによる7月1日からの保険適用範囲と保険内容の解説

カリフォルニア州では、昨年9月に可決された法案AB2293により、Uberなどのライドシェアリングドライバーが事故を起こした場合の保険の適用範囲について新たに定義した。来月1日から施行される条例では、ライドシェアリングのドライバーが客待ちの状態でも勤務中の商業ドライバーと認められ、この間に起きた事故についてドライバー個人の保険が適用されなくなり、ライドシェアリング会社が保険を用意することを義務付けるもの。客待ち状態とは、会社のシステムにログインした状態であり、Uberなどの場合はドライバーアプリを立ち上げた時点から適用とみなされる。

Bill Text – AB-2293 Transportation network companies: insurance coverage.