ベイエリアでキラービーが見つかる

640px-Apis_mellifera_scutellata

ベイエリアで初めてアフリカナイズドミツバチ(Africanized Bee)、別名キラービーが確認された。


アフリカナイズドミツバチ(アフリカ化ミツバチ、Africanized honey bee, AHB)はアフリカミツバチ(Apis mellifera scutellata)とセイヨウミツバチ(A. m. ligustica 及び A. m. iberiensis)の交雑種。攻撃性が強く、人間の死亡例も多いために恐れられているが、地域によっては生命力の強さが買われて養蜂に使われている。また、セイヨウミツバチとの交雑が進んだため、最近では攻撃性が弱まりつつある。別名キラービー (killer bee)、アフリカナイズドビー (Africanized bees)、アフリカ蜂化ミツバチ。

アフリカナイズドミツバチ – Wikipedia

アフリカナイズドミツバチが見つかったのは、Vacaville, Martinez, Lafayetteの三つの地域で、先に存在が確認されていた南カリフォルニアの地域から北上してきたものと見られる。南カリフォルニアでは先月刺された人の死亡例が確認されている。