サンノゼとサンフランシスコで家賃下落傾向見せる

アパート情報サイトのAbodoが毎月発表している全米大都市の家賃相場によると、8月から9月にかけての推移でサンノゼのワンベッドルームの平均家賃が $2,790から $2,455へ 12パーセント、サンフランシスコでは $3,952 から $3,698へ6パーセント下落していることがわかった。下落幅ではサンノゼが調査対象都市の中で2番目、サンフランシスコが7番目に大きな下げとなった。これらが長期的な傾向を示しているのかはまだわからないが、上昇を続けていた家賃が頭打ちになったと見るアナリストもいる。サンフランシスコでは前年同月比でも、7.7%の下落となっている。一方オークランドでは上昇は止まっておらず、8月から9月で $2,254 が $2,299 と2%上昇した。