ウインチェスターミステリーマンションで新たな隠し部屋見つかる

winchester_mystery_house_-_google_maps

(観光名所の少ない)シリコンバレーの観光スポットともなっているサンノゼのウィンチェスターミステリーマンションで、屋根裏から新たな隠し部屋が発見された。これでミステリーマンションの部屋数一部屋増えては161室となった。新たに見つかった部屋はドアが壁に隠されており、中からはオルガンやビクトリア調のソファなど貴重な家具も発見された。ウィンチェスター夫人は1906年の地震でこの部屋に閉じ込められた際に、地震の原因が悪霊であると考え部屋を封印したとされる。ウインチェスター夫人は、ウィンチェスター家の作ったライフルで殺された人の呪いから逃れるために家を増築し続ける必要があると信じ、家財を投じて家を拡張し続けた。邸宅内には161の部屋の他に、窓だけで1万、ドアが2千、暖炉が47個、階段が四十箇所、バスルームが13、キッチンが9つ存在する。
新たな部屋がなぜハロウイン前のタイミングで発見されたかは不明。