スタンフォード大周辺に繁殖期のタランチュラ

tarantula_mating_season_invades_stanford_dish___nbc_bay_area

スタンフォード大学の裏山にある大型パラボラアンテナ「Dish」は人気のハイキングコースともなっているが、今年はそのトレイルでタランチュラの目撃報告が相次いでいる。タランチュラはもともとこの地域に生息する大型の蜘蛛だが、今年は干ばつの影響で個体数が増加しており、繁殖期を迎えたオスのタランチュラがハイキングコースなどにも現れているという。タランチュラの繁殖期は8月から10月で、朝方と夕方に行動が活発になる。人間を襲うことはないが、毒を持っているので注意が必要。