マリワナ合法化、オンライン意識調査では8割が賛成

marijuana カリフォルニア州でのマリワナの合法化が11月の住民投票にかけられる事が決まったのを受けて、マーキュリーニュースでは、オンラインの投票を実施して読者のコメントと受け付けている。現在は、728票のうち、約八割の79%が合法化を支持すると回答している。
知事選の候補者では、メグ・ウィットマンとスティーブ・ポイズナーが合法化反対、ジェリー・ブラウンが合法化支持の姿勢を示しており、知事選の行方も左右する事になりそうだ。
仮に11月の選挙でカリフォルニア州での合法化が決まっても、連邦ではまだマリワナ所持は法律違反となるため、手放しでマリワナが楽しめるわけではない。周辺の他州からの強いクレームなどがあった場合は、オバマ政権が阻止に動き出す可能性もある。
Should recreational marijuana possession and use be legalized in California? | MercuryNews.com Forums

Be the first to comment on "マリワナ合法化、オンライン意識調査では8割が賛成"

Leave a comment