PG&Eの新メータ調査、手付かず

カリフォルニアユーティリティコミッション(PUC)は、昨年10月に実施を約束したPG&Eの新しい料金メータ、Smart Meterの水増し請求疑惑についての調査をまったく進めていないことが明らかになった。当初の予定では3月末には調査が終了しているはずだったが、まだ調査を行うための外部機関との契約も進んでいないという。
10月14日:調査の実施を発表
12月 7日:外部調査機関の募集を開始
12月22日:調査は3月末までに終了予定と発表
3月8日:調査機関を週末までに決定すると発表
3月11日:外部調査機関の選定が遅れていると発表
3月15日:翌週までに選択したいとコメント
3月26日:調査機関見つからないまま、調査には6ヶ月かかると見通しを訂正


ただのぐうたらならいい(良くない)ですが、PG&Eとつながっていて時間稼ぎをしているとすると問題ですね。我が家もSmart Meterになりました。当面の間、現行のメータを外さずに、Smart Meterを追加設置して利用者にメータの値に誤差がないことを納得してもらうのが良いという案もあります。

Be the first to comment on "PG&Eの新メータ調査、手付かず"

Leave a comment