七面鳥ハンターが誤って仲間を射殺

フリーモントでターキーハンティングの解禁日となった土曜日に、グループでターキーを追っていた猟師の一人が仲間をターキーと見誤って猟銃で撃ってしまう事故があった。四人のハンターはそれぞれ迷彩服でカモフラージュし、ターキーを追っており、30フィート離れた場所で仲間が動くのを七面鳥と見誤ったものと見られる。


鹿猟師のように、オレンジのジャケットの着用が義務づけられているということが無いんですね。4人で迷彩服を着てそれぞれ山に入って遠くに動く物を狙うなんて、容易に想定できる事故の用な気がしますが、なにか安全策はないんでしょうか。

Be the first to comment on "七面鳥ハンターが誤って仲間を射殺"

Leave a comment