ロスガトス高校の生徒が噴火でヨーロッパに足止め

アイスランドの噴火でヨーロッパの空港が飛行機の発着を見合わせている影響で、ロスガトス高校のオーケストラとバンドのメンバー約70人が予定外のヨーロッパ滞在を楽しんでいる。ロスガトス高校のグループは演奏旅行でイタリアを訪問した後、金曜日にドイツからSFOに向けて帰国の予定だったが、飛行機がでないため現地で観光などをして飛行機の運転再開を待っているという。予定外のヨーロッパの休暇を多くの生徒は楽しんでいるが、なかにはホームシックになったり、授業を欠席することを心配している者もあるという。

Be the first to comment on "ロスガトス高校の生徒が噴火でヨーロッパに足止め"

Leave a comment