カリフォルニアで百日咳広まる

カリフォルニア州では今年に入り219人が百日咳に感染し、すでに二人が死亡している。昨年の同時期には感染者は118人で約2倍の勢いで広まっている事から、注意が呼びかけられている。百日咳の予防接種は就学時に義務づけられているが、成人してから移民した人などで免疫を持っていない親が妊娠し、感染した子供が死亡するケースが出ている。

Be the first to comment on "カリフォルニアで百日咳広まる"

Leave a comment