景気先行き、シリコンバレーは楽観視

SJSUが実施したアンケート調査によれば、シリコンバレーの消費者はカリフォルニアの他の地域と比較して、景気の先行きについて楽観的な展望を持っていることが分かった。アンケートでは、47%が現在のビジネスを取り巻く状況は昨年より厳しいと答えたものの、42%が次の12ヶ月の間に景気は上向きになると答えた。カリフォルニア州全体では、反対に43%が次の12ヶ月で景気は悪化すると予測しており、上向きになると考えているのは27%の過ぎなかった。


先見の明のある起業家のみなさんがそう考えているなら安心して良いのか、それともこれが、シリコンバレーの楽観的起業家気質ってやつですか。

Be the first to comment on "景気先行き、シリコンバレーは楽観視"

Leave a comment