【EVENT】KEIZAI SOCIETY U.S. – JAPAN BUSINESS FORUM

************************************************************
KEIZAI SOCIETY U.S. – JAPAN BUSINESS FORUM
************************************************************
米国の未来の交通機関とハイスピードレール
参加パネリスト:
Katsuhiko Ichikawa , General Manger, Central Japan Railway Company
Yoriko Kishimoto, Former mayor of Palo Alto and Co-founder of the Peninsula Cities Consortium
Masayuki Tanemura, Consul for High Speed Rail Project, Consulate General of Japan in San Francisco
Lou Thompson, Principal, Thompson, Galenson and Associates; Member, Board of Directors of the Railroad Research Foundation; and Member, Peer Review Panel, California HSR Authority
2010年5月18日(火)
レジストレーションとネットワーキング: 5:30 ? 6:00 p.m.
イベント: 6:00 ? 8:00 p.m.
場所: 801 California St., Mountain View, CA
Fenwick & West LLP
寿司などの日本食、ソフトドリンクがあります。
料金:
$20: 5月14日(午前0時)までに登録の方
$35: 5月17日(午後5時)までに登録の方
$50: 当日参加(歓迎しますが、席に限りがあります)
服装: ビジネスカジュアル
登録は経済ソサイエティのウェブサイトから www.keizai.org
インターネットライブ中継
Ustreamによるインターネットライブ中継があります。
料金:無料

2010年5月16日午後5時(西海岸夏時間)までに登録が必要です。
インターネットライブ中継のログイン情報は登録した方に5月17日に
メールでお知らせします。
“ハイスピードレールは21世紀に必要な高度な交通機関だ”
2009年4月 オバマ大統領
オバマ大統領の2009年の経済刺激策の中に、アメリカの長年の夢である
ハイスピードレール(高速鉄道)への80億ドルの予算が含まれています。
世界の様々な地域、特に日本に於いて、ハイスピードレールは長距離輸送の
効果的かつエネルギー効率のよい交通手段として証明されてきました。
ハイスピードレールはさらに移動時間の短縮、高速道路や空港の混雑の
解消、環境汚染の低減に貢献するとわかっています、また同時に、多くの
雇用を創出することで経済の刺激にもなります。それにもかかわらず、
他の巨大なプロジェクトと同様に、危険をはらんでいる事は否めません。
さて、日本の技術がこのアメリカの夢のプロジェクトを実現するための
一翼を担うことができるのでしょうか?まだ細部にあたっていろいろな
問題や反対意見の多いハイスピードレール計画ですが、皆様の疑問が明確に
なるようにイベントを開催する予定です。今回のイベントでは、ハイスピード
レールに関する展望、日本の技術提供、カリフォルニア高速鉄道計画についての
関わり方、注意事項、経済や環境にもたらす波及効果、その他様々な事への
活発な議論が行われます。このエキサイティングな時代に乗り遅れない為にも
是非参加ください。
くわしくは、経済ソサイエティのウェブサイトで。(PDF)

Be the first to comment on "【EVENT】KEIZAI SOCIETY U.S. – JAPAN BUSINESS FORUM"

Leave a comment