母親が子供を巻き添えに家に火をつけ無理心中

フリーモントの民家で火災があり、33歳の母親と4ヶ月の娘が死亡した。母親が出産後で精神状態が安定せず、無理心中を計ったものと見られている。火災発生当時母親と幼児は二回の部屋で中から鍵を閉めており、一階でテレビを見ていた8歳の娘は助かった。父親は仕事で外に出ていた。隣人によれば家族にはとくに揉め事などはなかったが、出産後の母親の精神状態が不安定だったという。

Be the first to comment on "母親が子供を巻き添えに家に火をつけ無理心中"

Leave a comment