サンタクララカウンティの湖から高い水銀汚染度

カリフォルニア州の湖や貯水池を対象に行った調査で、水銀含有量が高いワースト20にサンタクララカウンティから五つの湖がランクインした。水銀含有量は、0.44ppmを超えると子供や妊婦の健康に危険があるとされている。ワースト1位のAlmaden Lakeではこの値の五倍を超える数字が出ている。

水銀汚染度ワーストランキング
ワースト順位湖、貯水池水銀含有量(pbm)
1Almaden Lake2.15
5Calero Reservoir1.05
7Chesbro Reservoir1.04
11Anderson Lake0.98
15Uvas Reservoir0.91


この地域で19世紀に盛んだった採鉱の影響がまだ残っているのですね。マーキュリーニュースの名前の由来もここからだそうです。お父さんが池で魚を釣って来たら、上記リストに入っていないか確認してから食べましょう。このリストには入っていませんが、海も沿岸はかなり汚染されているそうです。

Be the first to comment on "サンタクララカウンティの湖から高い水銀汚染度"

Leave a comment