サンタクララ水道局、節水条例を継続

平年以上の降水量により、ベイエリアの各地で今年は水不足の心配は無いと判断して、去年までの節水/給水制限が解除されたが、サンタクララカウンティの水道局では来年以降も十分な降雨量が期待できるかわからないため、今年だけ節水を解除すると、利用者の節水の習慣が無くってしまうとして、今年も10%の節水を継続することを決定した。サンタクララ水道局は地域の水道局に水を配水し、個別の世帯への給水は地域の水道局が行っているため、10%の節水を利用者に直接強制する事はできない。このため10%節水を守るかどうかは利用者及び地域の水道局の個別の対応にかかっている。


ま、有り余っている訳ではないので調子に乗って無駄遣いしないでね。ってことですね。

Be the first to comment on "サンタクララ水道局、節水条例を継続"

Leave a comment