フリーモントの高校で英語クラスの教材が過激図書と問題に

フリーモントの高校の英語のAPクラスの教材に指定された図書に過激な性的描写があるとして、保護者等から苦情が出ていた件で、フリーモント学区はこの図書を授業で使用するする事を禁止すると決定した。問題な小説は、Dorothy Allisonの「Bastard Out of Carolina 」で、主人公の少女が義父にレイプされたりマスターベーションをする様子の描写などが含まれていた。学区ではこの内容は高校生には適切ではないとして授業での使用を禁止したが、図書館に置く事と生徒に貸し出す事は禁止しなかった。


過剰に反応しているのは大人達で、読まされた高校生の方は、「何これ?古くさー、だせー」程度にしか思ってなかったりしてね。

Be the first to comment on "フリーモントの高校で英語クラスの教材が過激図書と問題に"

Leave a comment