サンフランシスコ、ペット購入に免許制度を検討

サンフランシスコ市内でペットの販売の全面禁止を検討していた、委員会、Commission of Animal Control and Welfare では、予定されていた全面禁止の施行予定を1月に延期し、それまでの間は猶予期間としながらも、ペット購入者に予めペット飼育のクラスを受講する事を義務づけ、クラスを修了した人だけが購入する権利を与えられるライセンス制度を提案している。これは、衝動買いによる無責任なペットの購入を抑えることが目的で、犬、猫からモルモットに至るまで、シェルターやペットショップで、飼育クラスの実施を義務づけることになる。


六本木の路上に明け方まで空いているペットショップがあって、水商売のお姉ちゃんが客におねだりして、子犬等を買ってもらい、翌日返品して換金する仕組みができているという話を思い出しました。ついでに、子づくりもライセンス制にすればいいのにね。

Be the first to comment on "サンフランシスコ、ペット購入に免許制度を検討"

Leave a comment