シュワ知事置き土産のブロンズ熊像の運命は

bear シュワ知事が2009年に購入し、カリフォルニア州知事オフィスの前に置いていた800パウンドのブロンズの熊の像をどうするかについて、新ブラウン知事は対処を決めかねている。熊のブロンズ像はシュワ知事が2009年にアスペンのギャラリーで見つけて2万ドルで購入した物。その後、州庁舎の名物として見学客には人気の写真スポットとなった。あまりにも多くの人が熊を撫ぜるため、「バクテリアベア」の愛称もつけられ、庁舎では像の横にハンドサニタイザーを設置した。
新知事ブラウン氏は熊の置物がカリフォルニアのシンボルとして気に入っている物の、このまま知事室前に設置しておくかどうかは決めかねている様子。もし撤去するなら引き受けますと、地元の動物愛護協会がすでに名乗りを上げている。