判決:facebookを借金の取立てに使ってはいけません

フロリダで自動車ローンを滞納していた女性が、借金回収業者によりfacebookを通じでしつこい取立てをうけたことを不服として裁判に訴えいた件で、裁判所はジャクソンビルの取立て業者に対して、借金の取立て目的でfacebookを使用してはならないとする判決を下した。この用な苦情は全米で急増しており、回収業者がローンの支払を延滞している相手やその家族、友人に支払いを催促するメッセージの書き込みを繰り返すというもので、家族や知人に借金を滞納していることがわかってしまうため、プライバシーを侵害されたという訴え。この女性のケースでは未納額は362ドルだった。

362ドル払えないのに弁護士は雇えるのか。昔で言うとアパートのドアに督促状を貼ったり、会社に電話してきたりした嫌がらせがハイテク化したわけですね。実名登録だからすぐに見つけられるし、効果はありそうです。

1 Comment on "判決:facebookを借金の取立てに使ってはいけません"

  1. u5f01u8b77u58ebu306eu5375 | March 10, 2011 at 7:06 pm |

    u30d7u30edu30dcu30ceuff08u7121u6599u6cd5u5f8bu76f8u8ac7uff09u306eu5f01u8b77u58ebu304cu6d88u8cbbu8005u4fddu8b77u306eu89b3u70b9u304bu3089u5354u529bu3092u3057u305fu306eu3067u306fu306au3044u3067u3057u3087u3046u304bu3002n

Leave a comment