twitter、減税を条件にSFに留まることを希望

事業拡張に伴い、サンフランシスコ市内に本社をペニンシュラに移転させることを予定していたtwitter社だが、サンフランシスコ市の引き止め交渉に答え、市内に留まることによるコスト高に見合う特別減税措置を条件に市内での移転を検討したいとLee 市長に書面でリクエストした。同社によれば市内に留まることで向こう5年間の追加コストは家賃、タックスなど合計で3千万ドル。サンフランシスコ市は移転先にMid Market地区を提案し、新たに雇用する社員の給与にかかる税金をむこう6年間カットすることを検討している。

Be the first to comment on "twitter、減税を条件にSFに留まることを希望"

Leave a comment