米地質調査所が地震予言を否定

1989年のLoma Prieta大地震を4日前に予測したことで有名な元USGSの地質学者、Jim Berklandが、今月19日から26日の間に西海岸で大きな地震が発生する可能性が強いことを発表し話題になっている。これに対して、USGS,米地質調査所はBerkland氏の予測について調査を行ったが、数学的に正しく無い事がわかったと否定するコメントを発表している。USGSはBerkland氏が1989年の地震を予測した際に、職務中に勝手に予測を行ったとして2ヶ月の停職処分にしている。Berkland氏は太平洋を中心に時計回りに大地震が続いていること、西海岸沿岸で大量のいわしが打ち上げられている事、19年ぶりに月が地球に大接近していることなどを理由に地震の可能性が高いと指摘している。



風評を広めてパニックを誘発するつもりはありませんので、ご自身の判断でどうぞ。
北カリフォルニアの大地震は周期的にはもういつ来てもおかしくない状態ですから、準備だけは万端にしてください。家族と災害時の連絡手段、家が災害にあった場合の待ち合わせ場所、緊急持ち出し用の災害袋の中身チェック、ベッドの下に靴かスリッパ。ラジオと電池。携帯の予備バッテリ。位は準備しておいても無駄にはならないでしょう。その他、オススメの防災準備があれば教えてください。

Be the first to comment on "米地質調査所が地震予言を否定"

Leave a comment