徘徊癖のある家族をGPSでトラックする装置を無料提供(画像あり)

gps サンタクララカウンティシェリフでは、認知症などで徘徊癖のある家族を持つ家庭にGPS発信機能のついたアンクレットを無料で提供する。利用者はサービス料として毎月25ドルが必要となる。装着した人が行方不明になった際には、911で装置のIDを伝えれば救急隊に現在地が伝わる仕組み。カウンティシェリフでは100個を用意している。
パリスヒルトンとかセックスオフェンダーなどが装着を義務付けられているアレと同じですね。GPS機能付きの携帯電話持たせておくだけじゃだめなのかな。