サンノゼ市庁舎の隼のヒナ、飛行練習に失敗、落ちて死ぬ

市庁舎に作った巣にウエブカメラが設置され、毎年多くの市民に私生活をさらしているハヤブサの家族だが、今年は悲しい結末となった。今年はメスのひなが一匹だけ生まれ順調に育っていたが、日曜日に始めての飛行の練習を始めたところ、また翼が十分に成長しておらず18階の巣から落ちて地面に叩きつけられ死亡した。専門家はヤブサのひなが飛行を開始するためには後2インチほど翼の成長を待つ必要があったが、餌を運んできた親に飛びつこうと慌てて巣から落ちたように見えると説明している。