新エリアコード、669はオーバレイ方式で来年秋から

サンタクララカウンティで、408のエリアコードで始まる電話番号が残り少なくなってきたことから新たに導入される市外局番、669の導入方法について検討していたカウンティボードでは、従来の408番とエリア分けをせずに、新規の登録から669番を割り振るオーバーレイ方式で導入することを決めた。エリアコードが追加される場合、従来あったエリアを分割して地域で分ける方法と、同じ地域に二つめのエリアコードを割り振る二つの方式があり、前者は番号でエリアがわかる利便性があるが、多くの利用者の番号を変更するコストがかかる。新しい669は来年秋から順次新規加入者に割り当てられる。


シリコンバレーだけあって、一人で電話番号いくつも持っている人が沢山いますからね。携帯電話での利用が多いことを考えると、登録者住所と番号を連動させる意味は以前より薄れているかもしれません。