ガン闘病中の息子と父親が無理心中

ロスガトス郊外の民家でホジキンリンパ腫と闘っていた22歳の息子とその父親(50)が銃で撃たれて死亡しているのが見つかった。警察では闘病を苦にした無理心中とみて捜査を進めている。死亡したAndrewさん(22)はサンノゼのValley Christian High SchoolをストレートAの成績で卒業後、USDでバスケットボールの選手として活躍していてたが、ホジキンリンパ腫が見つかり闘病を続けていた。一度は化学療法で快方に向かったが再発が見つかっていた。