SF市職員のボーイフレンドが市の所有する家屋に放火

サンフランシスコ市が所有し、州外などから転勤してきた市高官に対して一時的な住居として提供している歴史的な建物が放火の被害を受け警察は犯人の47歳の男を逮捕した。放火したのは新しく市のプランニングディレクタとして就任したJohn Rahaim氏のボーイフレンドと名乗る男で、放火前にRahaim氏に放火をほのめかす脅迫電話をかけている。マットレスに放火されて1万ドルの被害を受けた建物は、1923年に建築された消防署を模した住宅。

Be the first to comment on "SF市職員のボーイフレンドが市の所有する家屋に放火"

Leave a comment