葬儀場の人工池に転落の少年、重態

93歳で無くなった曾お祖父さんの葬儀に出席中、葬儀場の人工池に転落して溺れているのが見つかった2歳の少年は、依然ICUで集中治療を受けており、肺と肝臓が機能しない危険な状態が続いている。事故当時、少年は家族や親戚とともに曽祖父の葬儀に参列しており、家族が目を放した10分ほどの間に葬儀場にある深さ45センチの人口池に転落しておぼれたものと見られる。少年がいなくなっていることに気づいた家族が敷地内を探したところ、池の中央で仰向けに浮いているのが見つかった。

Be the first to comment on "葬儀場の人工池に転落の少年、重態"

Leave a comment