州が最も問題のある学区リストを発表、Eパロアルトが4位

カリフォルニア州は州内の学区で最も成績のレベルと向上に問題のある学区を最下位から100校を発表、中でも特に成績の悪い6校に対して、シュワルツネッガー知事は改善のための特別予算による支援と、改善が進まない場合は学区の廃止も検討するという、「飴と鞭」によるテコ入れを発表した。サウスベイからワースト100入りしたのは、イーストパロアルトのRavenswood学区がワースト4位、サンタクルーズのPajaro Valleyユニファイド学区が15位、サンノゼのイーストサイドユニオンハイスクール学区が65位、ホリスタースクール学区が67位となっている。

Be the first to comment on "州が最も問題のある学区リストを発表、Eパロアルトが4位"

Leave a comment