UCまた値上げ。4年後には2万ドル越えも

教育予算カットで赤字が続いている University of Californiaでは、これまでにも一年の間に数回という授業料値上げを行い苦学生を苦しめているが、今回はさらに長期的に向こう4年間で最大16%ずつ値上げするプランを提案した。この値上げは州からの補助金が全くえられなかった場合を想定しており、州から8%分が出れば学生への値上げは半分の8%で済むという仕組み。現在年間12,192ドルの平均的学費を払っている学生にとっては最悪4年後には2万2千ドルを支払うことになる。


一方で、カリキュラムや教師をカットし質は低下しており、本当にその価値があるのか?と