ティーン女子の26%が性病に感染、政府調べ

連邦政府が行った14歳から19歳の女子を対象に実施した調査で、四分の一を超える26%がなんらかの性病に感染していることがわかった。調査の対象に選ばれた838人のうち、性交渉の経験があると答えた回答者の性病感染率は40%。HPV(Human Papilloma Virus:ヒトパピローマウイルス)の感染が一番多く、全体の18%から感染が確認された。次の多かったのはクラミジアで4%、トリコモナス病が2.5%、ヘルペスが2%と続く。人種別では、黒人の48%が性病に感染していて最も多く、白人とラティノの感染率はそれぞれ20%だった。この割合をそのまま全米にあてはめると、3百万人を超えるティーン女子がなんらかの性病に感染している事になる。

Be the first to comment on "ティーン女子の26%が性病に感染、政府調べ"

Leave a comment