マリファナを盗まれた男性が、賠償金を求め裁判

ソノマカウンティで、約6パウンドのマリファナを盗まれた男性が、盗んだ犯人に対して18,000ドルの損害賠償金を求める裁判をおこし注目されている。男性は医療用マリファナの利用者で腰痛の痛みを軽減するために医師の処方箋を得てマリファナを使用していたが、ある日警察官に紛争した強盗に襲われ、備蓄していた6パウンドのマリファナを奪われた。犯人らはすでに逮捕され有罪判決を受けている。医療用マリファナに使用はカリフォルニア州では認められているが、連邦法では依然違法扱いで、盗難事件は多くとも実際に被害を訴えるケースは珍しい。