反「リトルサイゴン」、署名無効が認められるもお咎めなし

Story Rdの名称を一旦決まった「サイゴン・ビジネスディストリクト」から「リトルサイゴン」に変更することに反対(ちょっとややこしい)する地元商店の代表が集めたとして市議会に提出した92人の署名は、実は昨年の5月に、「リトルサイゴン」という名称を指示する商店主の署名として集められたものであったことが分かり、市議会では署名を無効としたが、署名を提出したLee’s Sandwitchesチェインの創立者の一人、Henry Le氏については、署名提出にあたって宣誓を行っていないことから法的措置は取られないことになった。
関連記事:2008年03月11日
リトルサイゴン、嘆願書の署名を偽造

Be the first to comment on "反「リトルサイゴン」、署名無効が認められるもお咎めなし"

Leave a comment