ホオジロザメ、メキシコまでの最短移動記録

モントレー博物館が44日前に海に返したホオジロザメがその後の発信機による追跡調査ですでにメキシコ沿岸まで移動していることが分かった。これまでの発信機を使ったホオジロザメの回遊の調査記録と比べても、一ヵ月半の間に北カリフォルニアからメキシコ沿岸まで移動するスピードは過去最高だという。記録を打ち立てたのは昨年8月に漁師に誤って捕獲された若いホオジロザメで、モントレー水族館が野生に返すホオジロ鮫としては3匹目。2005年に最初に野生に返したホオジロサメはモントレーからサンタバーバラまで移動するのに30日、二匹目はカボス・サンルーカスまで90日かかっている。

Be the first to comment on "ホオジロザメ、メキシコまでの最短移動記録"

Leave a comment