ロスアルトス、不要医薬品の回収を開始

地域の貯水池から医薬品の残留化学物質が検出された発表を受けて、ロスアルトスのカーペンター市長は市民からの提案を受けて、家庭で不要となった医薬品をロスアルトス警察が回収し、市の指定する業者が処分するというプランを発表した。これまで余った医薬品などの処分方法については規定がなく、ゴミとして廃棄されたりトイレに流されたりしたものが、分解せず貯水池にいたったという調査結果を受け、市民がEメールで提案したもの。
関連記事:2008年03月18日
貯水池の水質検査で化学薬品を検出

Be the first to comment on "ロスアルトス、不要医薬品の回収を開始"

Leave a comment