今週末は一年で最も交通事故が多い週末

今週末のメモリアルデー三連休は、全米で最も道路が危険な週末と言われている。理由は、学生が夏休みに入る事、連休のイベントで飲酒運転が増えること、気候が良くなり外出が増えることなどが重なるため。季節的にも夏場は冬場に加えて事故は倍増する傾向にある。昨年カリフォルニアではメモリアルデイ連休だけで24件の交通死亡事故があり、一昨年の17件より4割以上上昇している。
警察では三連休の交通取り締まりを強化し、事故を未然に防ぐ方針。昨年はカリフォルニアではこの連休だけで1367人が飲酒運転で逮捕されている。こうした事故に巻き込まれないためにも、無用な車での外出は控えるように呼びかけている。