UC新ロゴ、批判集中でボツに

logo
University of Californiaが144年ぶりにロゴデザインのリニューアルを発表したところ、そのデザインが「トイレの便器に水を流しているようだ」などと批判が集中。メディアに取り上げられた事にさらに反対運動が加速し、ネットの嘆願書には5万4千を超える署名が集まった。これを受けてUCは新ロゴを今後は利用しない方向で進めることを明らかにした。