ロスガトスに今週末オープンの銃器店に市民の反対

コネチカット州での銃乱射事件を受け、今週末ロスガトスにオープン予定の銃器店に市民の注目が集まっている。銃器店に反対の市民は、銃を販売する店にビジネスライセンスを与える前に、市が周辺住人や学校などの説明する義務を怠ったと批判している。これに対して市側は該当する地域の商業規制では、販売する商品について市が事前に審査する事ができる条例が無いと反論。また、安全面については既に地元警察が銃器店の商品管理などについて実地審査を行なっており、問題がないことを確認しているという。