In-N-Out創設者の孫娘、女性最年少で億万長者に


1948年にカリフォルニア州ボールドウィンパークで創設されたハンバーガーチェイン、In-N-Outは代々家族間で引き継がれ、昨年より創業者の孫娘にあたるLynsi Torresさん(30)がオーナーシップを引き継いだ。レストランチェーンの市場価値は11億ドルを超え、Torresさんは女性として最年少のビリオネアの1人となった。
In-N-Outは1948年にHarry Snyder とその妻Estherにより創業され、1978年にSynder氏が死亡するまでに18店舗に拡張。創業者死亡後にはLynsiさんの父の兄にあたるRichさんが引き継ぎ、1993年に飛行機事故で死亡するまでに店舗数を93店舗に拡張。Richさん死亡後はLynsiさんの父、Harry Guy Snyderさんがオーナーとなり140店舗まで拡張したが、1999年にドラッグのオーバードースで死亡した。
Guyさんの死亡後は創業者の妻であり、Lynsiさんの祖母にあたるEstherさんがオーナーとなったが2006年に死亡。この時、Lynsiさんはまだ24歳と若かったため信託により30歳になるまで遺産の相続が凍結されていたが、昨年遺産のの半分の名義がLynsiさんに移され、正式にレストランチェーンのオーナーとなった。残る半分は35歳の誕生日に相続される。
Torresファミリーはこれまで相続について公表せず、家族内に後継者がいることも知られていなかった。現在、In-N-Outの店舗数は280店にまで広がり、投資家のウォレンバフェット氏が買収に興味を示しているという。