グーグルがサンノゼ空港に専用ターミナル建設を申請

グーグルは英Signature Aviation社を通じて、サンノゼ空港敷地内に専用の空港を建設する計画を空港側に申し入れた。グーグルが予定するのは同社の役員らが利用するプライベートでは最大級の専用旅客機を発着させるためのターミナルやランプなどの設備で総工費は8200万ドル。計画では現在の空港の西側に隣接して建設される専用空港は敷地のリースで年間260万ドル、燃料費で40万ドル、税収で30万ドルをサンノゼ市にもたらす。