フリーモントで精神障害者がナイフを持って暴れ、警察に射殺される

日曜日の朝、フリーモントの民家から精神に障がいをもった家族の一員が家で暴れていると警察に連絡が入った。暴れていたのはこの家に住む53歳の男性で、家具を倒したり窓から物を投げるなどしており、手にはナイフを持っていた。警察はこの家にいた二人を救出したが、3人めの家族が病気で寝ていたため、屋内に侵入。その際に男が襲いかかってきたため射殺した。逃げ出した家族も命に別状はないものの負傷を受けていた。