グーグル、インターネット気球を打ち上げ



グーグルはこれまで極秘プロジェクトとして進めていたインターネット気球の打ち上げ実験をニュージーランドで実施したことを発表した。インターネット気球はヘリウムの入った透明な風船で地上12マイルに浮いて、インターネット過疎地域でのネット接続を実現することが目的。実験ではボランティアで参加している家庭が上空の気球からの電波を受信してネット接続を利用している。実験はまだ初期段階だが実用化すれば、これまでネット接続がないために情報化に遅れていた地域に安価で拘束なネット接続を提供することが可能とされている。