同性婚禁止は違憲、連邦最高裁判決

米連邦最高裁判所は、カリフォルニア州で同性婚を認められていたカップルが、住民投票の結果で同性婚が禁止されたことから結婚を認められなかったため不利益な扱いを受けており、またDOMA(結婚防衛法)が違憲であるという訴訟で、同性婚を認める判決を出した。これにより結婚防衛法やカリフォルニア州の同性結婚禁止法は違憲と認められた。1,2審ではいずれも同性婚の権利が認められている。結婚防衛法が違憲と認められたことにより、同性間の婚姻関係が異性間ど同等に配偶者と認められ、税金、相続、ビザなどの点でも配偶者としての待遇を受けることが可能となる。

Notification%20Center
グーグルさんも今日はレインボウフラッグ


これは、今週末のゲイプライドが盛り上がることでしょうね。よかったね。