アラメダカウンティの保安官47人が精神鑑定に不合格

ダブリンで保安官が夫婦を殺害した事件を受け、アラメダカウンティが2016年以降に採用したすべての保安官の精神鑑定の再評価を行ったところ、47人が現場での勤務に不適合とされるD判定となり、事務職へ移動となった。州平和維持活動基準訓練委員会は評価がFでない限り、雇用は可能としているが、現場での平和維持活動にはC以上の判定が必要となる。

ダブリンで夫婦殺害後逃亡していた保安官が出頭 – シリコンバレー地方版
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock