ガソリン価格また高騰、場所により6ドル台も。全米平均の2ドル増し

カリフォルニアのガソリン価格がまた高騰を始めている。今日の全州平均は1ガロンあたり$5.883で、全米平均の$3.747より2ドル以上高い数字となっている。ベイエリアでは特に高めになっており、6ドルを越える価格を付けるガソリンスタンドもみられるようになってきた。

カリフォルニアのガソリンが他州に比べて高いのには大きく二つ理由があり、一つは全米で最も高いガソリン税で、カリフォルニアでは1ガロンあたり州税とその他の手数料を含め68セントが上乗せされている。次に、カリフォルニアでは他州より厳しいガソリンの成分規制を行っているため、精油会社はカリフォルニア向けのみ専用のガソリンを精油しなければならない。同じ理由でガソリンが不足した際にも、他州から簡単に輸入できない仕組みとなっているためだ。カリフォルニアでの厳しい成分規制は大気汚染の悪化を防ぐためとなっている。

AAA Gas Prices
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock