サンフランシスコ、空き家率15%。ホームレス一人当たりの空き家14軒

毎晩4000人のホームレスが寒空の下路上で夜を過ごすサンフランシスコ市で、ホームレス人数の14倍にあたる61473の家が住む人のないまま空き家となっている。サンフランシスコ市の予算・立法分析室が木曜日に発表した新しい報告書によると、2021年にサンフランシスコでは61,473軒という驚異的な数の住宅が空き家になっていることが明らかになった。報告書によると、空き家の数は2019年の4万戸から2021年には6万戸以上に急増し、わずか2年で52%増加した。

この調査では、空き家の種類を賃貸で借主の無い空き家、賃貸で借主があるものの生活していない空き家、売り出し中の空き家、オーナーがいるものの住んでいない空き家、別荘、その他に分けて2019年と2020年を比較。結果、借り手のいない賃貸住宅の空き家が141%、借主がいる賃貸の空き家が88%も増加していることがわかった。

これらの数字は比較した他の都市と比べても最低ランクで、賃貸の空き室率7.4%はヒューストンの8.9%、ワシントンDCの8.0%に続くワースト3位だった。

56a418_8ba58b3bef6543b0ad09ce81a0ef037c.pdf

 

61,000 homes are empty in San Francisco: report | KRON4
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock