バークレイ、赤信号右折を禁止へ

バークレイ市では市内の交差点で赤信号右折を禁止する条例案が可決された。赤信号でも一時停止の後、安全を確認して右折が可能なのはアメリカ特有の交通ルールで、1970年台のオイルショックでガソリンを節約するための特例として広まった。現在すべての州で赤信号右折が可能だが、赤信号右折は歩行者優先の原則に反し、歩行者や自転車と車の事故増加につながっているとして、ニューヨーク市では全面的に禁止されており、ワシントンD.C.では最近、2025年までに赤信号での曲がることを禁止する法案が可決されている。サンフランシスコでも試験的にテンダーロイン地区の50の交差点で赤信号右折を禁止したところ、歩行者を巻き込む交差点の事故が減少している。

Bay Area city moves to ban all right turns on red lights
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock