1億ドルをかけたミレニアムタワーの傾き補正工事、最終フェーズへ

サンフランシスコのミレニアムタワーが最上部で約29インチ(73センチメートル)傾いている問題で2021年に始まった補正工事の最終段階がスタートした。ただし、この工事はこれ以上傾くのを防ぐことが第一の目的であり、傾きを直すことはあくまで副産物で今回の工事でも戻るのは4.5インチ程度。20インチ以上の傾きは治らないままになる。タワーの上部に住む住人は床に転がしたビー玉が傾きで反対側に戻ってくる様子をビデオ撮影しSNSに投稿しているが、この状態が改善することはなさそうだ。

Millennium Tower Fix to Reverse About Half the Tilting Triggered During Project, Model Predicts – NBC Bay Area
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

地方版は広告で成り立っています。アドブロッカーを無効にしてから再読み込みしてください。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock