オークランド、911の平均待ち時間州内最悪の54秒。それでもつながればマシ。

NBCベイエリアの調査班が分析したデータによると、オークランドの911番通報の平均応答時間は54秒で、カリフォルニア州で2番目に悪い。市民の報告では10分以上待たされた挙句につながらないというケースもある。報告書によると、オークランドの911通報の危機は何年も続き、悪化している。同市の平均応答時間は、2018年にはすでに義務化された基準の3倍以上になっていた。最近のアラメダ郡大陪審の報告書は、オークランドの911システムの悲惨な状況を浮き彫りにしており、主要な人材が退職し、残ったチームメンバーが業務を遂行できず、パトロール警官が抵抗し、20年前の旧式のシステムが壊滅的な故障を起こす危険性があると述べている。

記事はまた、オークランドの911システムの障害が深刻な結果をもたらした具体的な事件についても触れている。ある例では、非番の警察官が刺され、彼とゴミ収集車の運転手が911に電話しようとしたところ、何度も通話がつながらなかった。この緊急対応の遅れが警官の命を奪った可能性もあった。オークランド市の911テクノロジーは時代遅れで、20年前のソフトウェアとハードウェアを使用している。さらに、緊急通報センターはスタッフ不足と記録的な911通報の数に直面している。このような問題があるにもかかわらず、オークランド市のシェン・タオ市長はインタビューを拒否し、この問題への対処が最優先事項であると述べたが、住民はこのシステムに対する不満と自信のなさを表明している。

Oakland’s 911 crisis: What to know – NBC Bay Area

911システムが改善して待ち時間が減ったところで、対応する警察官の人出が足りなければ結局対応できないわけなので人材不足から改善してゆく必要がありますね。