サンフランシスコ、全米住宅価格最高値の座をサンノゼに譲り渡す

Zillowのレポートによると、サンフランシスコ(SF)の一般的な住宅価格は、もはや全米で最も高くはない。サンフランシスコの平均住宅価格は$1,128,205で、7.7%高かった前年から大幅に下落している。住宅価格の下落は、在庫の少なさと住宅ローン金利の上昇が重なり、市場競争が激化したことに起因している。加えて、潜在的な売り手は物件の売却を遅らせることを選択し、SFの低在庫状況を悪化させている。前年と比較すると、新規物件数は37%減少し、総在庫数は32%減少している。現在の総在庫もパンデミック前の2019年に比べ33%減少している。新規販売保留件数は前月比5.7%減、昨年同時期比4%減となっている。SFの住宅価格は依然として高いが、もはや全米最高値ではない。サンノゼがZillowの住宅価格指数1,460,735ドルで首位に立った。

賃貸料の面でも、サンフランシスコは順位を下げた。もはや全米で3番目に家賃が高い場所ではなく、サンディエゴが抜いた。これらの変化は、サンフランシスコの住宅市場の影響を浮き彫りにしており、住宅価値の低下と賃貸コストの変化は、全米の他の都市と比較して顕著である。

San Francisco home prices no longer highest in the nation | KRON4