生徒が学校でトランスジェンダーであることをカミングアウト→学校が校則に従い親に確認→学校が生徒の権利を侵害したと訴えられる。

カリフォルニア州の検事総長は、月曜日に南カリフォルニアの学区に対して訴訟を起こした。この学区は最近採用されたルールにより、子供たちが性同一性や代名詞を変更した場合には、学校が保護者に通知する必要がある。検事総長のロブ・ボンタは、チノ・バレー統合学区のこの政策は、トランスジェンダーの生徒たちの「強制的なアウティング」であり、彼らの市民権を侵害していると述べた。彼は、政策が即座に中止されるようにするために裁判所の命令を求めていると述べた。「これは生徒たちの権利を踏みにじっています」とボンタは記者たちに語りた。この措置は、チノ・バレー統合学区が学区委員会の指導体制の変化に続いて採用したものだ。南カリフォルニアの他の学区も同様のルールを採用しており、ボンタはこの訴訟に影響を受けると考えられる。

この学区ルールの下で、チノ・バレーの学校は、公式な記録に記載されている性別以外で生徒が認識されるか扱われることを希望していることに学区の従業員が気付いた場合、3日以内に親に書面で通知することになっている。また、生徒がスポーツチームなどの性別別の活動に参加したり、自分の記載された性別と一致しないバスルームを使用したりしている場合にも、保護者に通知されることになる。この政策によれば、学校はまた、生徒の怪我や脅威、自殺未遂について保護者に通知する手順を示している。この問題については、カリフォルニアのいくつかの南部コミュニティで、学校の生徒会議で親が子供たちが学校で行っている決定を知る権利があるという主張と、そのような政策がトランスジェンダーの生徒たちを強制的に公表し、最も脆弱な子供たちの健康を脅かす可能性があるとする主張が激しい議論を引き起こしている。

訴訟では、ボンタはチノ・バレーの政策がトランスジェンダーおよびジェンダー・ノンコンフォーミングの生徒たちに対する差別であり、州憲法の平等保護要件に違反していると主張している。また、政策は生徒のプライバシー権も侵害しているとしている。「トランスジェンダーの子供やジェンダー・ノンコンフォーミングの若者にとって、学校は唯一の安全な避難所であり、自宅から離れた場所で、確証、安全、プライバシーを見つける場所だ。それを守らなければなりません」とボンタは述べた。

California sues Chino Valley Unified School District over policy that requires parents be notified if their kids change pronouns – ABC7 Los Angeles https://abc7.com/chino-valley-unified-school-district-california-transgender-students-policy-attorney-general-rob-bonta/13712095/